So-net無料ブログ作成

キングスマン [映画]

映画
キングスマン Kingsman: The Secret Service
を見て来ました。
笑えます。
が、アクションシーン? が過激なためR15指定です。
ゾンビ映画に通じるものを感じました。
自分だけしか信じられないけど、一人じゃあどうしようもできないってとこ。
あと、狂気はもともと人の中にあるものではなく
操作されるもの、追い詰められて出現するもの、というところに親近感を感じました。
シャイニング~(意識してると思われるが)的展開があって、
キングが映画化について不満があった部分って、もしかして、これで解決してるのかな?
って思いました。

組織とかグループに属するのには抵抗があるけど、
信じ切ることのできるグループってあるのか??
結局、個人対個人ってことで、ま、いいか~。
スパイってものがキラキラと描かれていました。
ときどきツボでした。

ルーク(マーク・ハミル)が人の良さそうなしょぼいおじさんになっていました。
映画を見るまえに、エピソード7のちょこっとの予告があったのですが、
最後にチューイとハンソロが出ていて、年とってもハンソロはそのままハンソロだったので
なんかぐっときました。

予告編を見たら、ほかにも刺激されるものがいくつかあって
ちょっと見て見ようかな~~と、思ってしまいました。
007は、外せないかも。
かっこよすぎるの…。
あきれながらも、
思わず「行きます!」って言っちゃいそうになりました[たらーっ(汗)]


追伸:植物
今日はナンバンギセルを探したかったのですが
見つけられませんでした。

今日気になったのは、チジミザサです。
IMG_0259.jpgIMG_0268.jpg

大学時代の植物の先生は、チジミザサの研究をしているということでした。
チジミザサには、
チジミザサと
チジミザサ
というのがあって、名の通り「毛」が生えているかどうかが違うとのこと。
その「毛」があるものと、ないものの分布が、どうとかこうとか。

クマザサの分布についても、どこからどこまでがどうたらこうたら
と、熱く語っておられました。
が、「どうとかこうとか」「どうたらこうたら」部分は何かが違うってことで
全く思い出せません[たらーっ(汗)]

でも、クマザサとチジミザサを見るたびにこの先生のことを思い出します。
が、先生の名前はちっとも思い出せません。

野外授業では、
調べてもわからなかった植物は、引っこ抜いて先生に持って行って教えてもらう、という、
のどかな授業でした。
ほとんどの植物は頭に入っていらして、何を持って行ってもわかるのです。
この時に教えてもらった植物はけっこう忘れていないので
たぶんおもしろかったのだと思います。

ある生徒がウラシマソウだったか、すごいのを引っこ抜いてきて
先生もびっくりしちゃって
「これは元にあった所にもどしておきなさい」
とおっしゃったことがすごく印象に残っています。

記憶には「手がかり」のようなものがあって、
何かのキーワードで微妙につながっていて、
そのキーワードをたどっていくと、また違うものが引っ張り出されてきたり
そういうことがおもしろいな、と思います。
ほんと、不思議でなりません。

おしまい。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日のできごと [映画]

朝、少し編み物をしました。
いつもテレビを見ながら編み物をしていたのに
ワンセグが壊れてしまって、ちっともテレビを見ていないから
編み物がちっとも進まないよ。

自転車の空気を入れにいくついでに、映画を見てきました。
見た映画
チャッピー
残念ながら、入り込めなくて寝ちゃった~。
まったく思いもよらぬストーリー展開で、ただただあきれるしかなく
シガニー・ウィーバー、ヒュー・ジャックマン大丈夫ですか?
って思いました。
そこら辺からおかしくなっちゃて、あとは最後までずっと笑えました。
チャッピーの造形は魅力的だったのだけど。
「第9地区」がかなり好きなので、期待してしまいました。


IMG_9846.jpg
不思議なきのこ模様。


追伸①:急激な視力低下
最近、劇薬を友達などに飲ませたという女子学生が逮捕されましたが¨。
薬の服用による、急激な視力低下については経験があります。

高校3年生の頃、学校で蕁麻疹になったことがあり、
小学校の友達のお母さんが開業している内科を受信した時のことです。
このお母さん、すごい近眼なんです。
蕁麻疹を抑える? 薬を注射するために静脈に何度も注射しようとなさったのですが
その当時、私の静脈は見つけにくかったらしくして、
まず注射するまでが大変でした。
で、注射して、注射器を抜いたら¨。
なんと針だけが腕に残り、
「あら、針が残っちゃったわ」
てな感じで、針をとっていただき、
帰ろうと席を立ったら、立ち上がれず、その場にくずれるように
へなへな~~となってしまい¨
「脳貧血ね。少しお休みしなさい」
と、その病院で横になり、少し休ませていただきました。

さて、家に帰り、その日読もうと楽しみにしていた雑誌を開いたら¨。
字がぼやけていて読めない!!
焦りました。
そこらじゅうの字という字を確かめてみたのですが、
全部ぼやけているのです。
で、大騒ぎして、先生に電話しました。
「注射するとね、そういうこともあるから、少し様子を見てください」
ってことで、たしか、次の日には治っていました。

このことはある時までは、友達に話しまくっていたので、けっこうよく覚えているんですね。
きっと。


追伸②:カテゴリー
このブログ…。
一応、カテゴリー分けしてあるんだけど、最近、書いておこうと思う物が多すぎちゃって…。
これでもセーブしようという気持ちはあるんですけど。
もう、ごった煮状態になっております。
ハハハ。

分類についての思い出を書きます。
最初に勤めた研究所の私のグループは、グループリーダー(GL)が勉強熱心な方でした。
確か?
一月に1回、だれかが論文を探してきて、それについて説明するっていう勉強会があったし、
GL自ら新聞の切り抜きをしておられ、週に1回、関連記事をまとめたものが部屋内で回覧されることになっていました。
さて、私が入社する前、その記事の分類、スクラップを担当していた方は女性でしたが
すごく優秀な方でした。
その方が結婚退職されるのに代わり、私が入社したという感じでした。
なので、もう、その方がどんだけ優秀かっていう話を、最初から聞くことになってしまい、
私はドジ・マヌケが売り物のような感じでしたから、最初はかなり委縮してしまいました。
で、その方がお辞めになったら、スクラップ作業が私の仕事になりました。
このカテゴリー分けが…。
まあ、単純にいくものはいいんだけど
二つ以上のカテゴリーに関連することがあると、えらく迷うんですよね~。
どこに入れるべきか。
前のスクラップを見てみたり、この間はどっちに入れたっけ? とか迷う~。
私が苦悶していると、美しい美浦さんが教えてくれました。
(脱線:あ~~~~。美浦さんのことについても書きたくなちゃったから、これは後に回すよ)
美浦さんはきっぱりおっしゃいました。
「どっちでもいい」と。
「探そうと思うカテゴリーのどちらかに分類されている、ということ自体が重要なのだ」と。
「振り分けられ整理されいるということで、情報は見つけやすくなる。そこに意味がある」
と。

いまやPCが発達して、必要な情報は言葉で検索できるという画期的な世の中になり、
カテゴリー分け自体、そんなに神経質にやることないな、って感じですけど。
その時は目からウロコでした。

さて、このブログのカテゴリーに話がもどりますが。
もう、あって無きようなものになっていますが。
私としては、「TOP駄文」の性質? により分類しているつもりでおります。
何の役にも立ちませんが。
ならわし? とか、気休めみたいなもんですかね?
ハハハ。


追伸③:みうらさん。
私が勤めていた部署に、みうらさんという方が二人いらっしゃいました。
一人は「三浦さん」もう一人は「美浦さん」
で、美浦さんは「美しいみうらさん」と言われ
もう一人のみうらさんは、きたないわけでもないのに「きたないみうらさん」と呼ばれしまうのでした。
懐かしい~。

同じように、他の部署で「わたなべさん」という人が二人いて
こちらは、大きい人と小さい人でした。
小さい人はそのまま「わたなべさん」で、大きいわたなべさんは「おおなべちゃん」でした。
Oなべちゃんとは今でも友達で、呼び名もそのままです。

よくあることだとは思うけれど。
あだ名っておもしろいですね。





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

盛りだくさんの日 [映画]

母に会いに行きました。

今日は珍しく、バスが渋滞して、30分くらい遅く着きました。
映画を見に行こうと思っていたので、シャンテで券を買い
近くのファーストキッチン???だったか? で
ワンコインランチを食べました。

見た映画
真夜中のゆりかごEn chans til
原題は「もう一回のチャンス」という意味とのこと。
なんというか、すごい映画でした。
家族ってものを考えさせられます。
最近家族とは、「存在の絡まり」と感じるんだけど
ただの絡まりではなく、
生まれて社会に出るまでに、いろいろな所に結び目ができていたり
一部癒着しているくらい絡まっている部分があり、
その絡まりを持ったまま、違う絡まりを持った新たな個人と知り合い、新たな関係が始まると
自分では予想できない新たな絡まりを作っていくものなんだな~~~と。
最初から、かなり重~~いです。
なんとなく最後は予想できてしまうのだけれど、それでも泣けました。

TOHOのシネマイレージカードが期限切れになっていたので
更新してきました。
もう、更新しなくていいか~~とも思っていたんだけど
せっかくシニア割引になって、曜日を気にせずいつでも1100円で見ることができるし
更新したら、すでに4ポイント貯まっていたから、あと1本見れば
ポイント鑑賞できる~~。
良かった~~~~。

日比谷からバスで、病院に行きました。
ちょうど病院の所でバスが止まります。
私が病室の階に上がると、点滴している母が、看護士さんに
「帰りたい」と言っているところでした。
なだめて、病室へ。
「あんた、こんな夜遅くどうしたの? びっくりしちゃった」
という母。
時計を見て、時間はわかるんだけど2時っての見て、真夜中だと思ったらしいです。
「パパとママにはもう会ったの?」
????
これは、どうやら弟夫婦に会ったのか、ということらしかった。

お世話になったMさんにお礼をしたかったのですが
母に聞くと
「Mさんは、昨日やめたのよ」
だって。
「このあいだまで、一緒のアパートだったんだけどね」
って…[たらーっ(汗)]
つまり、一緒に入院したけれど昨日退院した、ということだと思われます。
ハハハ
でも、ちゃんとMさんのことと、「昨日」ってのがわかっていたところが救い。
病院のすぐ後ろのマンションなので、あいさつに行きました。
毎日、帰りたがる母をなだめる役目をして下さったとのこと。
「また、病院に行くから、ようすを見にいくわ」
って。
ありがたや。

夕方一度実家に帰り、連絡していたK子ちゃんの実家に行ってみました。
K子ちゃんは、私の小学校の同級生。
でも、K子ちゃんはお仕事で来ていない。
弟と同級生でハワイ在住のA子ちゃんが滞在中なので、会いに行ってみました。
そしたら、まだ買い物から帰って来ていなくて、おばさんとおしゃべりして
一度実家に戻ったんだけど、すぐに電話があり、
「戻ってきた!」
というので、また行ってみました。

娘さんはNYの大学生。
ロンドンを回り、ご実家に集合したとのこと。
ものすごくかわいくて、でモデルさんみたいな娘さん。
ユニクロで買った700円のシャツってのを試着していたのですが
すごいシンプルなベージュのシャツが、ゴージャスに見えました。


IMG_9841.jpg
マカデミアナッツをもらいました。


弟と合流、一緒に母の所へ。
弟は帰り、私は夕飯に付き合いました。

夕飯後、隣のご老人が
「あ~~、まずかった!」
と一言。
皆で大笑い。

私が帰る頃になると、母がつまらなそうになっちゃって。
「あたしは、ここで暮らすの?」
と言うんです。
いろいろ説明しても、通じません。
母には「今」しかないから、今楽しくないと、すべて楽しくなくなる感じです。
明日のことを夢見て待つなんてことはできそうもありません。
会話が成り立たなくなってしまいます。
来週はなんとか退院できるようにしたいです。

IMG_9843.jpg

義妹からは、こんなものをもらいました。
この写真だけじゃわからないけど…

IMG_9845.jpg

右が普通の大きさ。
こんな大きいの初めて見ました。
使い切れるかしら????
固めてチーズとして食べるとか???


IMG_9844.jpg

飯田橋までポコポコ歩き、納豆とろろそばを食べて帰って来ました。
こういう、盛りだくさんぽい物が好きだよ。
2万歩超えた。

おしまい



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シンデレラ [映画]

実写版のシンデレラを見て来ました。
ケネス・ブラナー監督ということで、もっとくどいものを想像していました。
可もなく不可も無く、さら~っと楽しめました。
継母トリオのお洋服の色の濃さ、ポップさ、意地悪さが良かったです。
シンデレラをガラスの靴で探すというところも、納得いくように工夫されていました。
見つけてもらった時には、思わず涙が…。
ヘレナ・ボナム=カーターの、ビビディバビディブ~♪[るんるん]という歌がかわいかったです。
できれば、あの継母のドラマを知りたいし、いじわる姉妹が幸せになる物語を見たいな。

シネプレックスで字幕版を上映していたから、良かった~。



追伸①:気になった植物
IMG_9747.jpg
麦畑があります。
花? 白いチロチロが見えました。


IMG_9748.jpg
クズ
相変わらずすごい繁殖力です。
つるも太く絡まってどんどん植物の上を覆うように茂ろうとしています。
夏は、中低木は、全部クズにおおわれちゃう感じですよね。
だけど、厚かましい感じがしないのはなぜだろう。


IMG_9751.jpg
オオムラサキツツジ
昔、実家の庭にありました。
母と散歩すると、必ず立ち止まって確かめる花です。
蜜をなめるのが好きでした。
大学時代、友達数人とツツジの蜜をなめていたら、
先生のような方が通りかかり、
「よく確かめないと、花の中にハチがいることがあるから気をつけたほうがいいですよ」
とおっしゃり、いきなり花を取ると、むしゃむしゃと食べてしまったのです。
皆で、あぜ~~~ん、とそれを見て、
先生が立ち去ってから、私たちも花を食べてみたのですが…。
おいしくなかったです[あせあせ(飛び散る汗)]


追伸②:福引
最近、わりと近い所に大きいスーパーが開店しました。
そのせいか、私の行きつけのスーパーでは、このところしょっちゅう福引をやっています。
前々回、ドタバタして、うっかり福引を忘れてしまったので、
前回は忘れずに行こう! と思って出かけたら、すごい行列になっていて
並ぶ気がしなくなって、出直すことにしたのですが…。
結局そのまま忘れてしまったのだ[たらーっ(汗)]

IMG_9753.jpg

やっと忘れずに行って来た[exclamation]
6かい引いて、3個当たり。
残り3個は、50円引券。
さっそく、ラーメンを食べてみました。
即席やきそばは良く買うのですが、ラーメンは滅多に買うことないから、なんだかうれしかった。

おしまい。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マーニー [映画]

思い出のマーニー を見てきました。

もう見に行かなくてもいいかな、と思っていたんだけど
FIN人娘が見たと言っていたから、じゃあ、見ておこうかと…。

色がすごくきれいです。
風景やら、建物、お部屋などに心躍りました。
あんな素敵なお部屋があったら、もうそれだけで、満足だな。

杏奈が使っている鉛筆。同じだし、私も昨日、ナイフで芯を削っていたな。
気ままにどこかでスケッチする毎日ってうらやましすぎる。
女の子同士のやりとりも、すごくわかる。
杏奈はじゅうぶんそのままの杏奈でいいし、むしろ、すごく恵まれている。
でもだから、気がつけないってことなのかな。

産まれて、まだ記憶のない頃からずっと、家族と絡まるようにして自分はできあがっているのだな、と実感。
なんだか懐かしい感じのする映画でした。


IMG_8582.jpg

クロワッサンラスク、最後の一個。
豪華~~。







コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マレフィセント [映画]

マレフィセント
見て来ました。

なんというか…。
時代は変わった。
善悪の考え方が変わった感じ。
「怒り」についてのお話といったらいいでしょうか。
男の人の存在ってものが小っちゃ~い。

このところカラスに愛着を持っていたので
カラスが主要な役どころなので、おもしろかった。
私もカラスが主要な役どころのお話を書きたいとずっと思っていたのにな。



IMG_8523.jpg

初めて、つくばのポンパドールでサンドイッチを買ってみました。

新宿では小田急ハルクの下にポンパドールが入っているので
実家ではいつもここでパンを買っています。


追伸:魔女
今日の映画のお話では、可憐な妖精だったマレフィセントが
あまりの怒りによって、魔女になっていく…って感じだったのですが…。

私が勝手に「つくばの魔女」と名付けている人に、今日会うことができました。
私のイメージでは、東欧出身の感じのおばあさんです。
ガリガリです。
いつも目をギョロギョロさせて何かに怒っている感じです。
黒を基調とした洋服を着ています。
今日は白地に黒の模様のある、ジョーゼットみたいな
ふわっとしたスカートを着ていらしてステキでした。
ごぼうのような足の先に
やわらかそうな革の、履きやすそうな靴がぴったりはまっています。
手押し車を押して、時々、ブツブツ何か言っています。
髪の毛は自分でカットしているのかもしれない。
虎刈りみたいな時があります。
スズメにパンをあげるのが好きみたいで、ニコリともしないで
パンをちぎって投げています。
大きな鳥にはあげません。
その投げ方がおもしろいから、いつまでも見ていたくなってしまいます。
いつか、絵に描いてみたいようなおばあさんです。

何か話しかけてみたいのだけれど、日本語が通じないかもしれません。
怒っている感じだから…、たぶん、声かけられないと思います。
でも、会うとなんか、すごくラッキー[るんるん]って思って、
ウキウキした気分になってしまって、少し後ろを着いて行ってしまいます。

●追伸:水道料金滞納
このところ、生活のペースが狂っていて、いろいろ失敗しています。
一昨日、水道料金のお知らせの紙が入っていて、
そういえば…。
2か月前に納入の知らせが来ていたのに
払いに行っていない! というのを思い出しました。
あわてて電話したら、もう、督促状を発送したとのこと。
今日は忘れずにそれを持って払い込んで来ました。
100円加算されていたし、電話をかけたから、損したな~。

息子のことを考えると、
電気、ガス料金を滞納して止められるのは当たり前。
ひどい時には水も止ってしまうみたい。
よく怖くないなぁ。
小さい頃、どらえもん見て、ジャイアンが怒るのにもびびって
テレビを消してしまっていたのに。
あの小心な男の子はどこに行ってしまったのだろうか。

追伸:もう一つ失敗
今日は、映画館のトイレに歩数計を落っことした。
ガガガガ~~ン。
まだ用を足す前だったから、まあ、良かったけど。
洗うことができないから、タオルでよく拭いて
そのタオルは捨ててきてしまいました。
壊れてないみたいだけど…、どうかな。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アナ雪 [映画]

ヒマです。
今話題の
アナと雪の女王
Frozen
を見て来ました。

というのは、数日前、訳詞をされた高橋知伽江さんのお話をラジオで聞き
すご~~~く面白かったので、日本語版を見たくなったのです。
歌のシーンで、顔のアップが多いので、口を合わせるのにご苦労なさったとのこと。
今、ネットで英語版の Let it go を見てみたら、ほんと、英語とドンピシャの口の動き。
それを違和感なく、しかも意味もちゃんと伝えるというのは
すごいことだな~~と感激しました。
水戸芸術館の演劇部門の芸術監督をされているということで、
茨城県ということでも、縁を感じてしまいました。

映画もすごくおもしろかったのです。
始まりの音楽から、もう、ぐっときました。
氷を切り出す所もすばらしかったです。
そこで育ったクリストフがめちゃくちゃかわいいです。
そして、エルサとアナのやりとりが始まってからは、ボロ泣きでした。
エルサが氷の城を作る所もすばらしくて、ボロ泣きでした。
べたべたな恋愛ものになっていないところも良かったし、
おちゃめなキャラクターのオラフとか、山小屋の主人もツボでした。
すごく楽しめました。

正直、あんな目玉がギョロギョロしたお人形さんの劇に
こんなに感情移入できるとは思っていませんでした。
見に行って良かったです。


IMG_8252.jpg

ブルーノでパン買ってきて、夕飯にしました。

追伸:
やっぱりラジオの情報より。
リクガメを飼っているという、パーソナリティーの話。
いつも、スーパーでキュウリ、バナナ、コマツナばかり買うとのこと。
リクガメちゃんの餌になるそうです。
キュウリにハマるとキュウリばかり食べているんだけど
ある日急に飽きて食べなくなるんだって。
本当は甲羅を固くするために、一番栄養価の高いコマツナを食べて欲しいそうです。
だけど、コマツナを混ぜてあげてもコマツナを残してしまうそうです。

うむむ。
これはリクガメの好き嫌い?なのか?
でも、気分によってキュウリの日とかあるってだけなのか??

今ネットで調べたら、けっこういろいろな物を食べるみたい。
その中で「ポーラチュカ」って書いてあって、え?「ポーチュラカ」と違うのか??
というのが気になって調べたら、「ポーチュラカ」の方が正しい呼び名らしい。
が、ネットでは、この2つの名前が錯綜していた。

ああ~
ヒマだと余計なことに引っかかって、検索してしまうのだ。
くだらないことをいっぱい書いてしまいました。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初映画 [映画]



  

茶馬.jpg

ゼロ・グラビティ
Gravity
を見て来ました。
すごかったです。
どうやって撮るんでしょうか。
元々わけわかんないのに、次々にわけわかんない災難が重なるのです。
で、どんどん引き込まれました。

3Dで見たかったけど、3Dは吹き替え版の上映とのこと。
サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーで吹き替えじゃ、見る気がしないよ。

なんとも不思議な感覚になりました。




nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日の報告① 映画 [映画]

昨日、お休みして東京に行きました。
例によってバスで出かけました。
センター発7時30分のバス。
これが、交通渋滞にハマリ…。
上野で降りた方が良かったのに、なんかぼんやりして降りなくて
東京駅に着いたのが9時40分。
映画が始まるのが10時。
ちんたら歩いて行くつもりだったけど、まずい…と思って1駅JRで移動。
映画館に着いたのが5分前。
けっこう人が並んでいる~。
でも、予告編が15分くらいあったから、まあ、大丈夫だった。

「サイド・エフェクト」
Side Effects
この映画をもって、ソダーバーグ監督が引退とのこと。
(今、imdb見たら、もう1本あるけど…。どういうことかな?)

ルーニー・マーラーも出ているので、お出かけついでにちょっと、見てみることにしました。

精神医療での薬多用、副作用、薬事業界…について描いた社会派の映画なのか…。
と思って見始めたら、違った。
最後まで引っ張られるけど、「え?」という終わり。

細部に納得出来ないところ、わからないところがあって、
なんか煮え切らない思いになってしまいました。
でも、まあ、こんなものなのだろうか。
見ている間は緊張が途切れなかったから良しとしよう。

それにしても、最近…、たまに映画見たり予告編見たりすると、
そのすべての映画にキャサリン・ゼタジョーンズが出ているような気がするんですけど…。
気のせいでしょうか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シネマ歌舞伎 [映画]

「野田版 研辰の討たれ」を見て来ました。
いきなりシルエットで赤穂浪士の討ち入りの場面。
舞台の造り自体、斬新です。
「忠臣蔵」について、私が着いて行けない部分を、そのまま辰が語ってくれるので
ところどころ、笑えます。

辰が「死にたくない」と言っている姿が
勘三郎丈本人と重なっちゃって、切なかったです。
泣けました。

汗まみれ。
ほとんどしゃべりっ放し、動きっ放し。
最後に横たわっている辰は、燃え尽きたという感じでした。


追伸:①
この間、見ようと思っていた映画を見忘れてしまいました。
今まであまりそういうことがなかったから、ボケたのか?
とちょっとショック。
でも、映画熱が冷めてるみたい。
シネマ歌舞伎は、一つの演目は1週間しか上映しないし
もう回数券を買ってしまったから、見に行く日を決めていて
しっかり予定表に書いてあるから、大丈夫。
でも、この頃、予定表自体をあまり見ないから、気をつけよ~。


追伸:②
久しぶりに、パンを買いました。

IMG_7437.jpg
ブルーノのサンドイッチ。
家に帰って、2時頃食べたのだけど、
このほかに、コロッケサンド、アップルパイも食べてしまい…
夕方になってもお腹が空かなかったので、今日は夕飯ヌキ。


IMG_7438.jpg
いろいろな石鹸がセットになっていて、6種類12個=525円。
前から気になっていたので買ってみた。

今の若い人って、固形石鹸を知らないのだ。
最初にHJが遊びに来た時、洗面所に置いてある石鹸がわからなかったのだ。
ポンプ式の液体石鹸の方が普及しているらしい。

それにしても…。
石鹸を買うのが好きだったのか、私?
家にある石鹸の山にこれを追加して、
もう一生かわなくてもいいかも…、と思った。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感