So-net無料ブログ作成
検索選択

写真の整理 [捨てるもの]

さっき、植物園に行こうと思って外に出たのですが、
センターまで行く途中で、パラパラと雨が降り出しました。
なので、洗濯物を取り込むために家にもどり。。。。。
そのまま、出る気がなくなって、家で腐ってます。

カナダ ナイアガラ.jpg

昨日会った叔母と母。
1990年、かナダにいる従姉妹に会いに行った時の写真。
まだ、従姉妹が結婚する前です。
若い~。
よくこの凸凹コンビでカナダに行けたもんだ。
奇跡に近い。
母が捨てるという写真を持ってきてあるので、ボチボチスキャンしようとは思っているんですが、なかなか進まないよ~~~。



以下、追伸が腐るほどあるります[たらーっ(汗)]

追伸①:友人からのメール
昨夜、研究所時代の友人Tちゃんからメールがありました。
ものすご~~~~~~く珍しいことです。
彼女は、最初の研究所時代、私のミューズでした。

うむ。
今、単に「ミューズ」って言葉が頭に浮かんできたのだけれど。
つまり「女神」って感じです。
あまりにも自分と違っている? あるいは、自分を超えていると思えたので、光り輝くように見えた、という存在でした。
その当時、私が追い求めていたキーワードにピッタリ当てはまっていた人でした。

さて、メールの内容は、世界放浪の旅から戻って来た長男君が活動を始めたので、
HPを見てみてね、ってことでした。

彼女は甲府出身です。
最初のお勤め時代、彼女が私の家に遊びに来てくれた時、
夫がぶらりとやって来た? ことがありました。
夫と書くとややこしいが…。その当時はまだ付き合い始めて5年目? くらいかな。
(注:10年付き合って結婚しました)
夫も甲府出身です。で、おおおおお~~、みたいなことになりました。
で、その後? 夫の従弟、Tちゃんの従弟が同級生だということがわかりました。
その従弟は二人とも美術を志し、夫の従弟は画家になっており、Tちゃんの従弟は地元で美術の先生をしていることがわかりました。
すごい、世の中狭い!! と思った瞬間でした。
でも、世の中の狭さってそれ以上です。その後、どんどん狭くなっています。
最近これって「煮詰まるってこと??」と感じております。
なんか、知人の濃度が濃くなっている感じなんだけど…??

(素朴な疑問。あるいは屁理屈。
 この場合、狭さって「広さ」に対してのマイナス表現だから、より狭いって意味ではそれ「以下」って表現になるんかい? 気持ちとしては「以上」なんだけどさ)

追伸②:そのTちゃんとの思い出
ある日(10年くらい前であろうか?)NHKの視聴者参加型のテレビの英会話番組を見ていたら、なんとTちゃんが出演していました。
ひゃ~~。
それから2回くらい見て、Tちゃんに電話しました。
その当時、Tちゃんとは、直接つきあうってことはなかったのですが、年賀状のやりとりくらいはしていました。
そしたら、Tちゃんが「誰にも言わないでね」と言ったんです。
返答できませんでした。
だって、誰にも言わないってのの、誰って誰?????
Tちゃんと私との共通の知人??????
そんな、人に知らせたくないのに、なんでテレビに出てるの????
とにかく意味不明で頭ウニになり、それ以来、私はテレビの英会話番組を見る気がしなくなってしまいました。
でも、まあ、それで良かったのです。
それまで、何度かラジオ英会話を聞こうとテキストを買ったことはあったのですが、続けて聞くことができなかったのです。それを期に、すっぱりとラジオに移行することができました。
それから現在に至るまで、流し聞きではあるけれど、覚えている時には、だいたい聞いています。
ラジオの方が言語的な情報量は多い。
同じテキスト代なら、断然お得です。

追伸③:懐古趣味
母の元に通っているせいかしらね?
最近、えらく懐古趣味になっております。
新宿を歩くと、あらゆる所に記憶につながるアイコンが埋まっていて、そこを通るたびに記憶が呼び戻されるって感じです。

私の場合、2回目の脳の大規模改装が終わり、新規開店しちゃった、って状態みたいでして、特に怒りの整理ができるようになったみたいで、怒りを変に溜めこまずにその場で解決できるようになってきた???みたい???のような、感じを抱いています。
怒りって扁桃体が興奮しちゃって、攻撃態勢に入ってしまうっていう状態みたいらしいんだけど、
「無駄な争いは避けたい」って思っていると怒りたくないから、怒りに火を注ぐような行動、言動を避けようとする。
だけど興奮しちゃってはいるので、避けることによって、怒りが違和感みたいなものになって、自分の中に残ってしまうことがあるみたいです。その後、それが解決されるまで軽い思考パニック状態になるみたいです。

まあ、なんでもいいけど。
その時に感じる違和感に対処するのがうまくなった? 感じです。
不思議なことに、思考パニックになると、以前の経験と照らし合わせて
どうにか切り抜けようって思うみたいなんです。
で、思い出の整理もできるようになってきた感じなんです。
経験は宝。良かったです。

追伸④:頭のおかしい人
昨日、母とバスに乗り、叔母の所に向かった時のこと。
バス内はけっこう混雑していました。
前の方の老人向け席はほぼ満員だったので、少ない空席のひとつに母を座らせて
私は後方の空き席を探し、結局一番後ろの席に座りました。
路線バスの一番後ろの席って、横に長くて5人掛けくらいですよね。
私の左隣にはおじさんとおばさん、右の端にはおじさんが座っており、
私は真ん中に座りました。
さて、右端のおじさんは、ときどき意味不明の言葉を発する人でした。
今思うと、それはおじさんなりの対人との距離の測り方だったのかも???
数回言葉を発した後、私が同類? あるいは話しかけても大丈夫そうな人と判断したようで、唐突に私に向かって
「愛●欽●が、肺がんで死んだってね」
とおっしゃりました。
「ええ、そうらしいですね」と私。
「たばこ吸っていると肺がんになるってね」
「そうですか…」
「わたしもタバコやめられないんです」
とおっしゃり、自分のカバンを見せ、指で3を表しながら
「この中にタバコが3箱入っているんです」
とおっしゃりました。
この時点で、バスは私が目指すバス停の2個前くらいにいました。
母を前に座らせているから、1個前のバス停に止った時に前に移動する必要があるな、と思っていたところ
その1個前のバス停に到着し、人が数人下りたら、左隣のおじさんが
「前の席が空いたよ」
と声をかけてくれました。
今思うと、左おじさんは右おじさんが「ちょっと頭おかしい?」と気が付いていて、話しかけられている私のことを心配してくれていたのかな??
でも、右隣のおじさんは、私にとっては全く違和感を感じさせない人だったのです。
たぶん、不用意に攻撃されることを恐れている人だと思いました。
対人によって生まれる違和感をうまく思考で処理できない人は、タバコに依存する傾向があるのか????って感じるこのごろです。
そのメカニズムまではわかりませんが、弟もそうです。

私は、まるで右隣のおじさんを避けるようにして前に移動することに、なんというか、軽いストレスを感じました。
右隣のおじさんは、自分の死と、芸能人の死とそれに関連する実態のある物「たばこ」を連想して、不安を抱いていらしたのでしょう。
その不安を吐き出したかったのでしょう。
そういう不安って、同意してくれる人がいたほうが越えられやすいみたいです。

まあ、しょうがない。
母と目的のバス停で降りるってことが優先第一だったから、次のバス停でバスを降りました。
でも、こういうできごとってなんか、「切なさ」を心に残すんだな。
左隣のおじさんも親切心で言ってくれたのだろうし
(こういうことは、心に余裕がない時は、「余計なお世話」と感じることもあるけどさ)
(ひゃ~、「親切」 って単語の中に 「切」 ないって言葉が隠れていたよ。)

なによりも自分が頭おかしい?から? 少しくらい頭がおかしい人がいても、私個人の実感としての違和感が低いと感じる人、感じる時、感じる場所だと好感を持つことができる。

注:「おじさん」って書いたけど、たぶん、右の人は私より年下、左の人は??? 
  まあ、やっぱり年下かな? 世間一般での「おじさん」って意味です。

おしまい。
最後までお読みくださった方がいらっしゃったとしたら、
ありがとうございました~~~。










コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [捨てるもの]

桜.jpg

Bちゃんより。
ソメイヨシノはもうだいぶ散ってしまいました。
八重桜が咲いています。



追伸:
日々、自分自身のことで驚くことがけっこういっぱいあります。
仕事の一つに化学式を描くというのがあり、以前描いた物の見直しをしているのですが、
けっこう変なところを間違えたり、見落とししていたりしていて
「勘違いか?」と思える物はまだしも、なんでこんなことを見落とすんだい?
と、自分ながら意味不明な物があり、びっくりします。

びっくりするってこと自体が好きなので
そのたびに、仕事を続けていて良かったな、と思うこの頃です。

あと、物書き目線になっているっていうこと。
常に、これで何か書けるか? って思っているところがあって
だいたい、頭の中で常に文章を考えている感じ。
びっくりする。

で、なんか、頭が活性化している時には、どうでもいいようなお話を書くのが好き。
だけど、ネタが出尽くした?
って思うと、創作意欲が落ちます。
そうすると、暇な時間がつまらなく思えちゃって、うううううう~と何か詰まったような状態になる。
で、ちょっとしたスパイス的な刺激が欲しくなる。
で、今回、「小説家になろう」ってサイトを見つけたから、もう一つのブログで書いてみたショートショートをそっちに出させてもらおうか、と、今日実行しました。
は~~。
これで、少しはまたスパイスが効いていてくれるかしら。

生きるって、暇な時間と戦う大変な作業。
お金が潤沢にあれば、遊んでいりゃあいんだから、いいような気もするけど、でも、仕事があるからこそ、遊びの時間が貴重に思えているような。

ありがたや~~。








コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

六本木 (2) [捨てるもの]

松戸友は帰り、目黒友とティム・バートンの世界展に行きました。

timburton.jpg


IMG_9034.jpg

入り口。
若い人ばかり。
すごい人。
列がすごくてなかなか前に進みません。
ティム・バートンの映画がヒットするのも驚きだったけど
こんなに人気があるとは、驚きです。


timticket.jpg

チケット。
友達の分ももらってきました。

ステイン・ボーイというアニメを見て来ました。
ステインボーイの誕生とか、わかるんだけど。
それがこんなに多くの人にわかるものだとはわからなかったのだ。
子どもの時に否定されて育った人が多いってことなのかな??


帰りに、ベトナム料理の店でお弁当を買って、
大江戸線で実家に行きました。


追伸:着信
知らない電話番号の人から3回も着信がありました。
「父です。、電話して下さい」
というメッセージが残されていたんだけど。
もう、父は死んでいるし、聞き覚えのない声なのだ。
なんなのだろうか。
ただの間違い電話なのだと思うので、電話していません。

数年前にも、同じ人から何度か着信が入っていて
それが午前3時とか4時頃なのです。
「連絡下さい」と何度も何度もメッセージが残されていたことがありました。
その時は、たまたまかかってきた時に出てしまったことがあって、間違いだということを伝えました。

もうかかってこないといいんだけどな~。









コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バッグ [捨てるもの]

IMG_8838.jpg

壊れたので、木曜日に捨てました!

昔、従姉妹がアントワープに住んでいた時、母が遊びに行きました。
その時に、買って来てくれたバッグです。

私はブランド物にはほとんど興味がないんだけど
知らず知らずのうちに持っていることがあって、このバッグもその一つです。
確か、ベルギーのブランドじゃあないみたいだったけど
調べてもわからなかったのだ。
確か、母がくれた時には「ロンドンのもの」って言っていました。
従姉妹がここのバッグがいいと言ったそうで、一緒にくっついて店に入り、
買ってきてくれたみたいです。
なんだかよくわからんが、創設者はスイス出身のようです。

2週間くらい前、お散歩中に肩ひもがプッツンしたのです。
切れたところはもう、皮が少なくなっていて、何か付け足さないとダメそうでした。
ありゃりゃと思い、帰ってから、修繕しようと思ったのですが…。
なんと、皮の端切れを残らず捨ててしまったみたいでした。
そういえば、そんなような記憶も…。
この端切れも母に頼んで、買ってきてもらったものだったのに[あせあせ(飛び散る汗)]
あ~あ。

その日、母とスカイプしたら、
「壊れたんなら捨てちゃえば~」ってことになりました。、
バッグが壊れたこと自体が、なんか、いやな感じだったし、捨てちゃうってのも
マイナスイメージな言葉だから、どしようかな~と迷っていたけれど、
母が元気だったから、捨てちゃうことにしました。

その後、また別の母のお下がりバッグを使うことにしました。
どっちにせよ、バッグ自体の事はもう母は覚えていません。
でも、説明しておくと、「自分があげたものだ」ってことは把握しているから
なんか安心できます。


追伸①:ブランド物
今年、財布を買いました。
その前に持っていた財布は、友達と横浜に行った時に買ったもので
かれこれ15年くらい使ったものでした。
その友達の信頼するブランドだったから、買いました。

今年、母、弟と父の墓参に行った時のことです。
お会計の時に出した私の財布を見て、母が
「あんた、よくそんな汚い財布を持っているね~」
と、言ったのです。
確かに皮の色がはげちょろげになっていて、外側は汚く見えたのですが、
そういうことを気にしたことがなかったので、ひょえ~っと思いました。

それからしばらく財布のことを気にしていて、
消費税増税前になんとなく、弾みがついて、
ダイマルにて新しい財布を購入しました。
それまで使っていた財布に一番似ている感じだったからです。
日本の、確か、横浜のブランドだと思います。
ただし、そのブランドはけっこう目立つところにアルファベットがあるのが特徴みたいなんだけど
そういうのは、恥ずかしいので、ほとんどアルファベットがわからない財布にしました。

さてさて、その後、会社の人とランチに行く機会がありました。
それで、その中の一人のだんな様が、なんと、そのブランドの小物を作っている職人さんだということがわかりました。
で、思わず、私は財布を取り出して、皆に見せてしまいましたよ[たらーっ(汗)]
その人のお財布も見せてもらいました。
ベージュで、シンプルで、やわらかい皮で使いやすそうなお財布でした。
それは、だんな様のオリジナルだそうです。
「家に帰るとこんな財布がゴロゴロある」ってなことで、
いいな~、へえ~、と話が盛り上がったのでした。

今、買い物の時に財布を取り出すたびに、
これって、あの人のだんな様が作ったのかもしれないんだ~。
と、思い、ああ、本当に世の中狭いな~~~と、しみじみします。


追伸②:たまご
昨日の朝、朝っぱらから、たまごをケースごと落として、6個全部が割れてしまいました。
しょうがないから、でっかい玉子焼きを作りました。
玉子焼きは冷凍したことがないのだけど、どうだろうか。


追伸③:事故
昨日の朝、朝っぱらから、交通事故現場を通りかかってしまったのだ。
1台の車は車の前部分が大破しており、1台の車は横倒しになっていた。
で、その車の中に人がいたけど、出られないみたいだった。
幸い、人は生きていて、けがも少ない感じだった。
大破した車に乗っていらしたと思われる、中高年の男性が、電話をしておられた。
そのそばで、スポーツ自転車に乗っていた青年が落ち着かない様子で立っておられた。
ってことは、どうやら、この自転車を避けるために、起こった事故のようでありました。

以前住んでいた所で、「玉突き事故」を目撃したことがありますが、
ぽん・ぽん・ぽ~んってな感じで、なんだか、嘘みたいに
車がおはじきになった如くに、弾んで動くのです。
重たい金属の塊なんだ、ということは、自分がぶつかった時にも実感としてわかりましたが…。
皆さま、お気をつけてお過ごしください。


追伸④:水色のケーキ
目次を作りました。

これは…。
設定に入り込めないと、ちょっと、なんだかな、という感じなのかも。


ああ、暇で、頭活性化していると、あることないこといろいろ書きたくなってしまうのだ。
これこそが私の病気なのだけれど、薬を飲んで治る種類のものではないと思われます。
今朝は、衝動的に密林でその関連本を4冊も買ってしまいました。
活性化している時は要注意。
わかっちゃいるけど、止められない。









コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

残暑 [捨てるもの]

金魚.jpg

1週間くらい前に、Bちゃんから届いた残暑見舞い。


今日も朝から編み物していて、外に出る気が全然しなかったのだけど…。
閉じこもっているのもなんだかなぁと思って、夕方散歩に出ました。

この頃、よ~~く眠れます。
昼寝もしているから、寝すぎかも。
ほわほわ~~。









コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スイカ [捨てるもの]

suika (k).jpg

Bちゃんからの絵手紙。

今日はスイカは買って来なかった。

「マンボウ、かわいかった」って書いてあるんだけど…。
私が送った暑中見舞いに描いた絵は、フグのつもりだったのだ。
カット・イラスト集から、まねして絵を描いてみたんだけど
なかなか難しいもんだ。


kawasemi.jpg

練習のカワセミ。
何枚描いても、写真と同じようには描けない。

暑いとお散歩に行く気も起きないし、
昼間はパソコンつける気がしないし
家にいるとグダグダしているばかりなので
へこたれずに絵を描こうと思ってます。
はい。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

財布 [捨てるもの]

IMG_7866.jpg

10年くらい使ったのかな??
消費税増税前に新しいのを買いました。

バイバイ~~。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマス [捨てるもの]

rogo.PNG

santa.PNG
yuju2.PNGyuki1.PNGyuki3.PNGyuki4.PNG

カード、絵手紙、はがきなど、ありがとう。
本人の承諾得ずに使わせてもらいました。
すいすい~ってすべっているサンタさんの表情がかわいいです。


BX'mas.jpg
Bちゃんからは、絵手紙。


追伸
昨日の帰り、強風でした。
自転車だったので、こわかったです。

バタバタ音がするので、ふと後ろを見たら、
うしろの荷物カゴに入れていたエコバックが飛ばされて、なくなっていました。
少し戻って探してみたけど、いったいどこへ行ったのやら
見つかりませんでした。
エコバックの中に、カレンダーの表紙が入っていたのですが
6等分した内、1枚が飛ばされてなくなっていました。
幸いイラストが描かれていない部分だったから、良かった~。

私の目の前で表紙の中央のイラストが飛ばされて、
枝だけになっているドウダンツツジの生け垣の中に入り込みました。
手を突っ込んで取ってきました。
全部なくならなくて良かったです。
封筒が4枚できました。
来年のカレンダーは、海洋生物です。

楽しみです。

今日はしょうがをいっぱい入れた酒粕甘酒飲んでポカポカです。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いい夢 [捨てるもの]

IMG_7330.jpg

昨日、買い物に行ったら、買い物している間にどっと雨が降ったみたいでした。
センターからの帰り道、空気が澄んで、涼しくて気持ち良かったです。
雨のしずくが残る草むらから、友達がいくつかの小さい葉っぱを摘んでくれました。

夏至に、7種類の植物を選んで、枕の下に入れて眠ると
夢がかなうとか、いい夢を見るとか?
ネジバナを中心に7つの植物を糸でくくってくれました。
草のいい香りがしました。
写真は、朝、枕の下でつぶれていた草たちです。

今、ウィキペディアで調べたら、未来のだんな様が見つかるおまじないようです。

今日、友達を送って、都内に行って来ました。
来週は、娘さんも一緒に来る予定。
でも、娘さんはたくさん友だちがいるので、他の約束をしているかも。
まだはっきりしません。

明日からまた日本の時間感覚に戻らねば。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パンフレットなど [捨てるもの]

引越し手伝い、続報。

自分の物はほとんど捨てたと思っていたのだけれど…。
けっこう、いろいろ見つかって、また荷物を送りました。

表紙.jpg
出ました。
私が高校1年の時、初めて一人で行った、日劇のパンフレット。

前にも書いたけれど、この日の一番強烈な思い出は、
私以外の人はほとんど全員、タンバリン持参だったということ。
紙袋からゴソゴソ~っと周りの人が何か取り出す音が今でも聞こえる気がする。
「な、なんだ、なんだ? なんの音だ?」と。

この日、上映された映画は、クレージーキャッツだった。
あ~、このページのスキャン忘れた。
パンフレットはもうかびくさくて、触ると手を洗いたくなる感じだったから、今朝、捨ててしまいました。

プロ1.png

この演目を見ても、タンバリン以外のことは思い出せない。
野村真樹の歌謡ショーみたいのがあったんだ[exclamation&question]
このあと、人気は逆転したってことか~。

どういうわけか、着て行った洋服を覚えています。
きっと、その頃自分の持っていた洋服の中で、一番気に入っていたのでしょう。
水色のニットの上下。ミニスカート。
胸に紺色で、ねこのシルエットの刺繍があったな。

帰りに変な兄ちゃんに付け回されての初ナンパも、強烈な思い出。
怖かったのだ。


IMG_7299.jpg
あとは、これ。
昔のイヤリング。
今日、会社からニッパーを借りてきて、全部金具を切り取ってみた。

IMG_7301.jpg
ほとんど、「ぶら下がる」系のものなので、全部わっかが付いている。
それを、写真のように、ピアスの細いやつ?に通せば全部使える。
昔、アクセサリー作りのアルバイトの時にもらった、C環、O環を取っておけば良かったな。

昨日あったはずなのに、片方見つからないのもあるよ~。
さっき、さんざん探したけど、見つけられなかった。
どこかからひょっこり出てきてくれるかな。
取り外した金具はもう使えません。
燃えないごみの日に捨てます。


30リットル袋に5個くらいあった手紙を、3年がかかりで捨てたのに…。
まだ出てきた。
箱に詰まっていたのは、そのまま捨てちゃった~。
それ以外のひとつかみは、家でゆっくり捨てようと思って送ったので、ちょっとずつ捨ててます。
笑えます。
いくつかは、友達に見せたいから、取っておきます。
しかし…、人からもらった手紙の5倍以上は出しているはず。
もしかしたら、東京ドーム一杯くらい出しているかも。[たらーっ(汗)]

あと、1995年のカレンダーももらってきました。
アフリカのすばらしい写真、しかもA3。
表紙も入れて、一枚から2個の封筒ができるから26個封筒ができる。
だけど、細かい土埃にまみれていて、拭いても拭いても手が汚れます。

今日は両ふくらはぎが、筋肉痛です。
でも、スカーレット号で会社に行きました。
歩くより、痛くないのです。
なんだかいろいろす~~っきりしました。


さっき、ケイタイにフィンランドからのメッセージが残っていました。
結局、娘さんだけでなく、お母さん(つまり私の友だち)と二人で来日予定です。
6月10日~7月4日まで。
何日かはつくばに来てくれるはず。
それが、友だちだけか、娘さんといっしょかは不明。
細かいスケジュールは決めて来ないと思うので、会ってからいろいろ考えます。
あ~~言葉の壁が…[あせあせ(飛び散る汗)]とほほほ…
ま。どうにかなるさ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感